ウッドデッキの活用方法

ウッドデッキがどのようなモノかは、実際に見た事がある人も少なくないでしょう。
庭にウッドデッキがあるお宅は、とても素敵に見えて憧れますよね。
では実際に庭にウッドデッキを設置した人は、ウッドデッキをどのように活用しているのでしょうか?

ウッドデッキの活用法は、まず太陽の光を活かす活用法として、ガーデニングや洗濯干し場として利用する事が出来ます。
基本的にウッドデッキは、日当たりのいい場所に設置する事が多いはずです。
そのため植物がよく育ちますし、また洗濯物もよく乾きます。

特に、布団などの大物を干すスペースがない家庭もありますよね。
そんな時は、ウッドデッキを設置する事で、広々とした洗濯干し場が完成します。

またウッドデッキは、家から出入りが簡単な外であるという立地条件を活用する事も出来ます。
BBQなら、食材や食器、焼肉のタレなど、必要に応じてキッチンとウッドデッキを出入りしやすいと言えます。
また室内で焼肉などは、部屋にニオイが籠ってしまうので、ウッドデッキでするのも適しています。

家には置き場がない、家には置きたくないモノをウッドデッキに置くという活用法もあります。
例えばゴミはあまり室内には置きたくありませんが、ゴミの収集は地域によって異なり、缶や瓶だと週に1度のペースでしか回収にきてくれません。そのためゴミの収容スペースをウッドデッキに設置すれば、室内はゴミのニオイなど気にならずに快適に過ごす事が出来るでしょう。

またウッドデッキを設置する事で、床下収納を確保する事が可能です。
キャンプ用品やBBQセットなど、使用頻度が少なく、押し入れやクローゼットに置くと場所をとってしまうモノってありますよね。
その場合はウッドデッキで床下収納を活用してみてはどうでしょうか?

ウッドデッキは、床下収納だけでなく、ウッドデッキに自転車を置く事も出来ます。
物置を置きたいという場合は、ウッドデッキに置いても違和感がない木製のデザインの物置を選ぶといいでしょう。

他には、ウッドデッキを設置する事自体が目的というケースもあるでしょう。
庭のままだと、雑草がすごく生えてしまい、草抜きや手入れが大変という家庭もあります。
ですがそこにウッドデッキを設置する事で、草抜きが不要になります。

小さな子供やペットが遊ぶスペースにも最適ですし、リラックスチェアを置いて、大人が日向ぼっこをしながら読書をしたり、コーヒータイムを過ごしたりするのもいいですよね。太陽の下で自然の風を感じながら、ヨガをするのもお勧めです。
そんな家族のお気に入りのスペースとしても活用する事が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA