ウッドデッキの撤去について

ウッドデッキを設置する家庭が増えている一方で、それに比例するように、ウッドデッキを撤去する家庭も増えています。

ではなぜせっかくお金を出して設置してもらったウッドデッキを撤去してしまうのでしょうか?
ウッドデッキを撤去する理由と、ウッドデッキの撤去にかかるコストを紹介します。

まずウッドデッキを撤去する大きな理由は、2つあります。
1つ目の理由は、ウッドデッキが腐ってしまい、使用不可な状態になってしまったためです。
ウッドデッキは、材木で作られています。

ウッドデッキが流行った初期の頃は、専門的な知識や経験を持つ業者が少なく、その結果耐久性は今のように長くありませんでした。
そのため、ウッドデッキを設置して、数年程度で材木が腐ってしまい、腐った材木は脆く、外観も悪いため、撤去に至るという訳です。

そして2つ目の理由は、ウッドデッキを設置したものの、全く使用しなかったためです。
使用しなくても、雨風にさらされているウッドデッキは汚れてしまいます。
そのため定期的に清掃をして、メンテナンスを行わないといけません。

使用しないウッドデッキのために、そんな手間をかけたくありませんよね。
ではなぜ、せっかく設置したウッドデッキを使用しないのでしょうか?

それは設置する際に、利用目的を明確にしないまま設置してしまったためです。
もちろん、ウッドデッキがある素敵な住まいに憧れたから設置したいと思った訳です。
ですが具体的に、ウッドデッキで何をするのか、決めておかないと、特にする事がないという事になりかねません。

ウッドデッキと言えば、BBQを楽しむというイメージも強いですが、そもそも子供のいない家庭でかつ夫婦でインドア派だとBBQをする機会などそうあるものではありません。
またウッドデッキで洗濯物を干すという利用方法もありますが、花粉症だから洗濯物は全て乾燥機にかけて外に干さない。
そんな家庭もありますよね。

そのためウッドデッキに対する憧れだけで、設置をせずに、明確な利用目的がある場合のみ、設置するようにして下さい。
そうしないと、ウッドデッキを使用しないのに清掃やメンテナンスに手間がかかるから、撤去したいという気持ちになってしまいます。

ちなみにウッドデッキの撤去は、ウッドデッキの広さや設置場所によってコストは異なります。
ですが相場で10~20万円程度かかります。
なぜこんなにかかるのかというと、廃材処分費が発生するためです。

自分で設置するのは難しくても、自分で撤去する事は出来そうと思うかもしれません。
確かに自分で撤去すると業者に頼むよりも安く撤去出来ますが、廃材処分には発生します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA